コンビニのバイトで髪色や髪型ってどうなっている?

高校生から主婦まで、幅広い年齢層の人材が働いているコンビニ。バイトを始めたいなと検討した際に、店舗数も多いからこそ近所にコンビニがある方も多いですよね。

 

 

しかし髪色や髪型にこだわっている人もいるでしょう。そんな時コンビニバイトをしたいけど、この髪の毛の色だと面接で落とされる?とか髪型は大丈夫かな…など様々な意見があります。

 

 

果たして、コンビニバイトは髪色や髪型に関しては厳しいのでしょうか?今回は、コンビニバイトの髪色や髪型事情に関して詳しく紹介していきます。

 

 

筆者自身のコンビニバイトでの経験や、実際に自分がバイトをしていた店舗以外で足を運んだ結果も踏まえてまとめていますので、是非とも参考にしてみてくださいね。

 

 

またそもそも「コンビニって大変?」という疑問がある方は、コンビニバイトはきついか楽か?というページもありますので、一度目を通しておいてくださいね。

 

 

コンビニバイトで髪色や髪型はどこまでがOK?

 

実はコンビニバイトは髪色や髪型は一般的なバイトと同じで、緩くはないです。ただ、基準についてはお店ごとによって異なりますので、実際はお店次第(店長の判断)になります。

 

 

ではコンビニバイトでの髪の毛の色や髪型に関して、まずは一般的なコンビニの例を男女別に分けて紹介していきますね。

 

 

一般的なコンビニ(ほとんどがこのケース)

 

まず男性ですが、髪型は基本的に短髪です。長髪は、たとえヘアゴムで結ぶなどしても多くのコンビニでNGです。髪の毛が耳にかからないように注意しましょう。

 

 

髪色に関しても黒髪もしくはダークブラウン程度に留める必要があります。パーマに関してはツイストやドレッドなどの特殊パーマ以外であれば、あまり気にする必要はありません。

 

 

続いて女性ですが、髪の長さは長髪でも問題ありませんが必ずヘアゴムで束ねたり、ピンで留める必要があります。飲食物を扱う仕事で、ホットスナックなどのレジ前の商品の簡易調理もあります。

 

 

異物混入を防ぐためにも、清潔感を大切にするように心がけましょう。髪色は男性同様に、黒髪もしくはダークブラウン程度にしておきましょう。

 

 

基本的に髪はショートカット以外の方は束ねるので、パーマ自体が分からなくなると思うので問題ありません。プライベートでパーマを楽しみたい方でも、問題なくコンビニで働くことができますよ。

 

 

上記では一般的なコンビニバイトの髪色や髪型について男女別にまとめました。しかし、中には筆者の近隣コンビニや旅先では例外のコンビニも多々ありました。

 

 

稀に見かけたコンビニ

 

男性スタッフで、ブリーチを数回したかのようなハイトーンな髪色や、個性的なアシンメトリーなヘアスタイルのスタッフがいました。

 

 

接客自体に何も問題はなく、むしろ丁寧だったのですがまるでアパレル店員や美容師のような出で立ちのスタッフでした。女性スタッフで長髪にも関わらず、束ねるような結び方ではなくツインテールのスタッフがいました。

 

 

もちろん髪型自由なコンビニだと思うのですが、飲食物は扱ってほしくないなというような印象でした。旅先での都心のコンビニでは、スパイラルパーマのような女性店員も働いていました。

 

 

このように中には、少々規則の緩いコンビニもあります。一概にどのような身だしなみが正しいとは、店舗ごとに異なるので言えませんが同じコンビニ名でも経営者ごとに規則が異なる印象はあります。

 

 

また髪色や髪型以外でピアスやネイルについては以下にまとめてみましたので、ご覧ください。

 

コンビニバイトはピアスがダメって本当!?ピアスOKの職場はないの?

 

コンビニバイトはネイルにうるさい?ネイルOKのお店ってないの?

 

 

髪型や髪色自由のコンビニバイトの募集はあるのか?

髪型自由や髪色自由のコンビニバイト求人があれば嬉しいですよね!求人関してですが、実は意外にも求人サイトに多数掲載されています。バイトルで調査したのですが、ある程度の求人がありました。

 

 

バイトルについてはこちら

 

 

コンビニでバイトしたいけれど、髪色や髪型などの規則が懸念点になっている方は求人サイトのコンビニ求人は必見です。求人サイトなら、店舗に直接貼られている求人よりも雰囲気や規則を理解しやすいです。

 

 

求人サイトのタグに注目してみましょう。髪色や髪型自由のコンビニバイトはレアだと思われがちですが、思っているより多くのコンビニ求人で髪色や髪型自由というタグの表示がされています。

 

 

また、こちらは決して都心だけの話ではなくて、地方のコンビニバイトの求人にも目を通しましたが地方でも、髪色や髪型自由の求人が多数存在していました。

 

 

ただ単にエリアで絞って検索するだけでも出てきますが、さらに髪色や髪型自由の求人を見つけやすくするポイントとしては大学や専門学校の近郊のコンビニ求人を探すと見つけやすいと思います。

 

 

大学や専門学校近郊のコンビニは学生をターゲットにして、求人を出しているケースが多いです。そのため学生にとって魅力的な条件を打ち出していることが多々あります。

 

 

面接の時も髪色や髪型も気にした方がいい?

 

面接時も髪色や髪型には気をつけるようにしましょう。こちらに関しては、たとえ規則の緩いコンビニでしたり髪色や髪型自由のコンビニでも同様です。

 

 

面接は自分の働きたいという気持ちを、真摯にアピールする場になります。そのため、身だしなみは第一印象として非常に重要なポイントです。

 

 

黒髪でスーツまで着用していく必要はありませんが、高校生なら制服で社会人なら清潔感のあるカジュアルコーディネートで出向くようにしましょう。

 

 

女性の場合は、面接時に勤務するわけではありませんが、清潔感を演出するためにも長髪の場合は、1つに結んで首回りはスッキリさせていきましょう。

 

 

髪型や髪色の基準を知りたいなら、実際お店にいって確認しよう!

例えば求人サイトなどで髪型や髪色のことが何も記載されていない場合、どこまでOKなのか分かりませんよね?かなり不安になったりするでしょう。

 

 

そんな時は実際にお店にいって確認するのも1つの手段だと思います。むしろ、百聞は一見に如かずで実際に足を運ぶことが1番良いかもしれません。

 

 

その際には、必ず自分が勤務を希望している時間帯に出向くようにしましょう。そうすることで、その時間帯の雰囲気や人材も同時に確認することができます。

 

 

人を見た目で判断するのは良くないですが、ある程度の雰囲気を知っておくことで損はないと思います。真面目にテキパキ働きたい方にとっては、和気藹々と話しながら仲間内で作業しているコンビニは向かないかもしれません。

 

 

働いてからよりも、働く前にある程度の下見をするのは非常にオススメですよ。働いてから短期間で退職するのは、自分の精神面はもちろんのこと経営者側にも迷惑をかけてしまいます。

 

 

高校生は厳しく大学生や主婦は緩いなど差はある?

 

大学生や主婦に比べて、高校生に関しては厳しいと感じる方もいるかと思います。しかし、これに関しては高校生は校則もあるからこそコンビニで見かけると、高校生だけ黒髪なので厳しいのかな?という印象を受けるだけだと思います。

 

 

しかし、筆者が高校生の頃働いていたコンビニではオーナー夫婦が、高校生に関しては社会人としてのマナー(身だしなみ)も教えたいとの意向がありました。

 

 

そのため大学生や主婦に関しては、前髪が眉毛にかかっていてもOKだったのですが、高校生はピンで留めて眉毛まで見えるようにするという規則はありました。

 

 

ピンがちょっとでもズレたら、オーナーから注意されたりと高校生の身だしなみに関しては非常に厳しかったです。

 

 

今考えても何故高校生だけ?とのようにクエスチョンに感じてしまいますが、中にはそのようなコンビニもあるんだなと参考程度に頭に入れておいてくださいね。

 

 

しかし、基本的に大筋の規則は高校生から主婦まで統一されています。高校生だからといって格別に厳しい店舗は少ないので安心してくださいね。

 

 

まとめ

今回は、コンビニバイトでの髪型や髪色に関して詳しくまとめてみました。意外にも、髪色が自由なコンビニも数多くあることに驚いた方も多いのではないでしょうか?

 

 

自分らしさを大切にして、働くことができるのは非常に嬉しいですよね。髪色や髪型自由だとしても、接客態度や勤務態度が悪いのはもちろんNGです。

 

 

身だしなみが緩いからといって接客スタイルまで緩いコンビニはありません。規則をしっかり守っているからこそ、自由を与えてもらえると思います。

 

 

髪色や髪型にこだわりがある方は、是非とも髪色や髪型自由のコンビニバイトの求人を探してみてはいかがでしょうか。