コンビニバイトの早朝は忙しそうだけど…

時間帯によって、さまざまな年齢層の男女が勤務しているコンビニ。中でも何かとハードだと囁かれる、早朝のコンビニバイトですが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

 

今回はそんな気になる、早朝のコンビニバイトのメリットとデメリットだけでなく、時給に関しても深堀りしていきたいと思います。

 

 

コンビニでの早朝バイトを検討している方にとっては、特に読んでもらいたい内容になっていますので是非このまま読み進めてみてくださいね。

 

 

また、早朝以外の時間帯や曜日で楽な時間や大変な時間を知っておきたい場合は、以下のページをご参考にしてください。

 

コンビニバイトは時間帯で辛いか楽か決まる?また休憩時間はいつ頃?

 

 

コンビニバイトで早朝は大変なのか?

 

SNSでも何かと見かける機会の多い、早朝のコンビニバイトの大変さ。大変って聞いても、気にはなりますが細かい内容までは掴めないですよね。また大変ばかりで楽じゃないの?と気になる人もいるでしょう。

 

 

筆者には、早朝のコンビニバイトで働いている友人が数人いるのでリアルな声を集めてみました。実際の声を聞いてみると「大変」という声が圧倒的に多かったです。

 

 

早朝のコンビニバイトでは、商品の入荷だけでなく駅から近いコンビニでは、レジの行列が長時間途切れないということもしばしばあるみたいです。

 

 

特に8時〜9時、やはりこの時間帯は会社員や学生など通学や通勤の時間帯となるので、コンビニは必然的に忙しくなります。

 

 

その行列のレジ客をさばきながらも、届いた商品の検品や品出しをしなければなりません。品出しはあとからでもいいのではないかと、バイトしている友人もバイトを始めた当初は思ったそうなのですが、後回しにしていては商品が売り場から数時間でほとんど無くなってしまうほど売れていくそうです。

 

 

そのため、中には品出しとレジをスタッフ同士で分担して行うコンビニもあるそうですよ。やはり夕方から夜や深夜帯などの比較的コンビニがスローな時間帯と比較すると、早朝のコンビニバイトはハードです。

 

 

体力勝負な一面もあるので、行動がゆっくりな方には向かないと思います。ただ、駅から離れた場所などについては、早朝でも暇なお店もあるようです。そのようなお店では楽と思えることもあるかもしれませんね。

 

 

また、基本的にコンビニの仕事についてきついか楽かについては、次のページに書いておりますのでご確認下さい。

 

コンビニバイトはきついか楽どっち?経験者が色々まとめてみた!

 

 

早朝のコンビニバイト経験者の声!

とにかくレジに人が途切れない。朝は長蛇の列となりスピード勝負。ちょっとでもミスをすると致命傷。

それでもたまにミスをすることがあり、その時はかなり焦るので精神的に辛い。またタバコと新聞を買っていく人が多い。
タバコは銘柄など覚えてないときついと思います。

 

8時ぐらいがピークとなるけど、私のお店では平均レジに2人ぐらい並んでる。

そこまで多くないと思うけど、実際は常に2人ぐらい並んでいるので、レジは打ちっぱなし。
9時ぐらいに開放されたと思うと、また次の仕事が残っている。早朝は大変と思う。

 

早朝バイトでも6時とか7時は忙しくないので、どちらかというと暇。

私は忙しいのが好きなタイプなので、早くピーク時が来ないかなといつも思っていました。
ピークの時間は大変だけど、すぐに時間が過ぎるし達成感もあり、早朝のコンビニバイトは楽しいと思いますよ。

 

私のコンビニでは早朝はそれほど大変ではなかったです。ピークの時間と呼ばれている時間でもちょっと多いぐらい。

結構楽な印象もありました。それよりも昼の時間帯が凄く混んでいた。
ちなみに時給はそこまで高くなかったです。

 

 

早朝のコンビニバイトは時給が良い?

 

早朝のコンビニバイトは、深夜帯に続いて高時給なのが嬉しいポイントです。早朝の勤務では時給1000円前後は、ほとんどのコンビニで貰うことができるので稼ぎたい方にもオススメしたいバイトの1つです。

 

 

コンビニの時給は基本的に深夜帯に関しては1000円超える時給をもらうことができて、日中から夜に関しては最低賃金、もしくは最低賃金にプラス50円程度です。

 

 

しかし深夜バイトに比べると時給は低くなってしまう可能性が高いです。夜勤のコンビニバイトもそれなりに魅力がありますので、検討してみてもいいかもしれません。

 

コンビニバイトで夜勤(深夜)の特徴まとめ!楽そうだけど実際どう?

 

 

また早朝のコンビニバイトは主に主婦の方が働いている印象が強いです。

 

 

コンビニバイトで早朝の勤務時間は?

時間の希望を出したり、コンビニによって指定の時間は異なりますが、早朝のコンビニバイトは基本的には朝の5時から9時が多いです。

 

 

夜勤のスタッフが22時から5時までの勤務時間が多いので、夜勤スタッフが残業しないように完全に早朝バイトと入れ替わるコンビニがほとんどです。

 

 

もちろん朝5時から働くことはできないけれど、6時からであれば勤務できるという方も、コンビニに相談してみることで採用になるケースもあるのでコンビニ次第にはなります。

 

 

コンビニは比較的融通が利きやすいので、上記のように時間に少々の懸念がある方は、まずは諦めずに相談することをオススメします。

 

 

早朝のコンビニバイトは高校生でもバイトOK?

 

高校生でもコンビニの早朝バイトは可能です。18歳未満がバイトできる時間帯が5時から22時です。そのため、高校生は夜勤バイトはすることができませんが早朝バイトであれば、問題なく働くことができますよ。

 

 

早朝のコンビニバイトでは、高校生でも夕方のバイトと比べると比較的高い時給を貰うことができるので、稼ぎたい高校生は休日に早起きをしてコンビニで働いてみてはいかがでしょうか。

 

 

ただ、基本的に学校があるので、たとえ朝5時からバイトを出来たとしても、8時ぐらいまでが限界ではないでしょうか。早朝にバイトをしている高校生は少ないですね。

 

 

早朝にコンビニバイトをするメリットやデメリットは?

早朝のコンビニバイトのメリットとデメリットをまとめてみたので参考にしてくださいね。

 

メリット

時給が比較的高い

 

こちらに関しては上記の時給の項目で述べたことと同様で、深夜の時間帯の次ぐらいに時給は期待できるので嬉しいですね。ただそれでも時給が低いと思うこともありますが。

 

 

早朝働くことで有意義に過ごせる

 

早朝働くことで、お昼前には勤務が終わりますよね。そのため、友人とランチに行くこともできますしプライベートも充実させることができると思いますよ。
(コンビニの早朝バイトのみで、掛け持ちをしていないケース。)

 

 

常連さんが多いので安心感がある

 

早朝お店にくるお客様は、家から近所でしたり職場から近い場合が多いです。そのため、全員が全員知り合いというわけにはいきませんが、顔見知りのお客様も勤務すればするほど増えてきますよ。

 

 

デメリット

とにかく朝が早い

 

これは早朝コンビニバイトなので仕方ないのですが、夏場はまだいいのですが寒い冬場などに関しては割とネックですよね。また家庭内でも、朝はいろいろと忙しい時間帯でもあるのがデメリット。

 

 

仕事が比較的ハード

 

早朝のコンビニでは仕事にスピードを求められます。体力も重要なポイントになってきますよ。その為、合う合わないなどはっきりとしているでしょう。

 

 

友人との時間の合わせ方が難しい

 

バイトの前日に関しては、友人などと夜遅くまで遊ぶことが難しいと思います。5時から勤務であれば、遅くても基本的には4時前後には起きますよね。

 

 

そのため、コンビニの早朝バイトがメインとして週5などで勤務している方にとっては、昼間に遊ぶことはできると思いますが夜は基本的に早く寝ることになると思います。

 

 

その他、他の時間帯のメリットやデメリットについてはこちら

 

コンビニバイトはメリット、デメリットが意外と多い!その内容とは

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、コンビニの早朝バイトに関してまとめてみました。夜勤の時間帯に続いて、高時給が魅力なコンビニの早朝バイト。

 

 

仕事自体は非常にハードではありますが、忙しさの中で判断力やスピード感を培うことができると思います。

 

 

早起きなどの時間帯に関する懸念も身体自体が慣れてきて、生活リズムも掴みやすくなると思うので悩んでいる方は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?