コンビニのバイトは難しい仕事があるのか?

未経験でもチャレンジしやすいと言われているコンビニバイトですが、難しい業務があるとなるとバイト未経験の方は特に構えてしまいますよね。

 

 

実際イメージしていたよりか、かなり難しい…と感じてからバイトを辞めるのって嫌な感じもしますよね。今回は、そんなコンビニバイトの業務で「難しい」と感じやすいポイントを紹介していきますね。

 

 

筆者のコンビニバイトの経験を踏まえた記事となっており解決法も合わせて紹介していくので、この記事を読んでいただければ難しい業務の中に解決策を見出せると思いますよ。

 

 

そのため、現在コンビニバイトをしていて、難しいなと感じている業務がある方にも必見の記事になっています。また「きつい」と思うような記事は別のページで紹介していますので、こちらも併せてチェックしてみてください。

 

 

 

コンビニバイトで難しい!と思う3つの仕事

コンビニバイトで難しいと感じる仕事は、人それぞれ向き不向きがあるので個人差はありますが、ココでは実際にバイトをして難しいと思った仕事を紹介してみました。

 

 

また同僚なども同じことを言っていたので、一般的にコンビニバイトを始めた方々がつまずきやすい仕事となるかもしれません。まとめてみましたので、ご参考に。

 

 

タバコの銘柄を覚えること

 

 

タバコに親しみのない高校生や、吸わない方にとっては特に難しいポイントです。タバコには同じ銘柄であっても箱がボックスになっているものと、ソフトといって紙で柔らかい素材のものがあります。

 

 

そのため、ボックスとソフトを間違えて、お客様から指摘を受けるケースもあります。もちろんボックスやソフトと指定して銘柄を伝えてくれるお客様も多いのですが、稀に常連のお客様だと「分かっているだろう」というスタンスで来られるお客様もいます。

 

 

常連のお客様のタバコに関しては、ある程度覚えておく必要があります。また、お客様の中にはタバコの正式名称ではなく略して伝えてくる方もいます。

 

 

セブンスターをセッター、マルボロのメンソールをマルメンなどと愛煙家の中での通称で言われるケースもあるので、定番(有名)な銘柄くらいは略式まで把握しておくと安心ですよ。

 

 

しかし、どうしても分からなくて、困ってしまった場合はタバコの横にある番号で言ってもらうことでスムーズにお会計ができると思います。

 

 

収納代行業務(レジ)

 

 

コンビニバイトで一筋縄にはいかないのが収納代行業務です。この業務に関しては、筆者もコンビニバイトをしていた頃かなり苦戦しました。

 

 

宅配便の預かりや引き渡し、チケットの発行、公共料金などの各種料金収納まで業務は多岐に渡ります。メルカリなどのフリマアプリでは事前に料金を払っていて、預かるだけのケースもあります。

 

 

しかし、完全に新規での持ち込みの場合は長さや高さを測って計りに乗せて計量したりと、細かい業務を行なったのちに料金を出します。中には梱包が甘くて、コンビニで再度ガムテープを貸し出したりとバタバタしてしまうなんてことも。

 

 

宅配便の業務は慣れるまではメモに手順書を作り、見ながら作業すると項目を忘れる心配もなくスムーズですよ。続いてチケットの発券業務に関しては、近年はスマホチケットの普及から料金だけを支払うケースも増えています。

 

 

その際は必要事項を入力またはスキャンして領収書を発行します。チケットをその場で発券する場合は、お客様からサインをもらう必要があるので必ずもらうようにしましょう。(サインを忘れるとお客様にチケットを渡した証明が出来なくなって、のちにトラブルに発展してしまうケースもあるので気をつけましょう。)

 

 

こちらも宅配便同様に、手順書のメモを見ながら作業することでサインのもらい忘れなどを防ぐことができると思います。最後に公共料金などの料金収納業務ですが、こちらは比較的上記2つに比べたら簡単です。

 

 

お客様の持ってきた払込用紙をスキャンして料金をいただき、店舗印を押した領収書をお客様に返して、店舗保管のものは店舗で管理します。店舗管理のものは、店舗ごとに決められた保管場所を守って保管しましょう。

 

 

お客様控え、店舗控えなどは払込用紙に記載されているので、必ず確認をして間違いのないように渡すようにしましょう。

 

 

マルチメディアステーションの操作方法

 

 

マルチメディアステーションというと分かりづらいのですが、コンビニではチケットの予約などが出来る機会が置いているのはご存知だと思います。例えばファミマですと「ファミポート」ですね。

 

 

各コンビニにある機器の操作方法に関しては、しっかりと覚えておく必要があります。例えばファミリーマートにある緑色の端末のファミポートでは、タッチパネル式でトップページにさまざまな項目が並んでいます。

 

 

実際に筆者は現在、スマホもパソコンも比較的使いこなすことができる20代ではありますが、何度かファミポートの操作には苦戦して店員に尋ねた経験があります。

 

 

その際にスムーズに案内してくれる店員がほとんどなのですが、稀に店員自体も操作方法を把握してなくて30分以上待たされた経験もありました。

 

 

自分も分からないので仕方ないですが、店員であればある程度は把握しておいて欲しいなというのが本音でした。ただ、コンビニバイトではこのような機器の操作方法まで研修で教えてくれるコンビニもあります。

 

 

私がバイトをしていた頃は簡単に教えてくれましたが、複雑な操作方法については教えて貰えませんでした。

 

 

そのため操作方法などに関しては、実際に自分で端末を操作してみたり店長に聞く、または時間があるときにパソコンやスマホで操作方法の情報収集をすることをオススメします。

 

 

以上、コンビニのバイトで難しいと思うような仕事を紹介してみました。基本的に難しい!と思うような業務はこれくらいで、あとはそこまで難しい!と思うような業務はほとんどありません。

 

 

コンビニバイトで難しい仕事は慣れる?

結論から言うと、数ヶ月もすれば慣れます。業務によっては研修終了時にはすでに慣れているなんてこともあるので、コンビニのバイトをしようと考えている方でも安心ですよ。

 

 

そして数をこなすことで、難しくて苦手だった業務が好きになる方もいます。もちろん失敗することはあると思います。筆者も何度も間違えて、時にはお客様から指摘を受けたこともありました。

 

 

まずは、メモを取って見ながら業務をして慣れることが大切です。数ヶ月もすれば、ベテランの域に達していると思いますので頑張ってみてくださいね!

 

 

なお、コンビニのバイト求人を探す場合は、基本的に大手のバイトサイトがいいでしょう。中でもバイトルなどなかなかコンビニ求人が多く、おすすめです。

 

 

バイトルに関する情報はこちら

 

 

 

まとめ

今回は、コンビニバイトの難しいポイントについてまとめてみました。難しいポイントは多数ありますが、どの業務も慣れてくれば比較的スムーズにできるものだと思います。

 

 

どの項目も最初はメモ書きを見ながら行うことが大切ですが、プラスアルファでお客様に一言「お時間を頂いてしまいすみません。」と付け加えることで印象が変わりますよ。

 

 

「ゆっくりでいいよ!頑張ってね!」なんて声をかけてくれるお客様もかなり多かったです。そのようにコミュニケーションを取りながら業務を行うことで、モチベーションを高く持ちながら仕事に励むことができると思います。