コンビニバイトのネイル事情とは

近年は特に女性の間で人気を集めるネイルですが、果たしてコンビニバイトはネイルOKなのでしょうか?マニキュアだけでなく、長期間取れないジェルネイルも人気ですよね。

 

 

出来ればバイトをしながらネイルもしておきたい、と考えている人は多いです。しかしコンビニバイトはネイルについて厳しいのか、ちょっと気になりますよね?

 

 

そこで今回はコンビニバイトでのネイル事情に関して、詳しく調査してみました。ネイル好きの女性や、身だしなみにこだわりのある方必見の記事になります。

 

 

コンビニバイトはネイルをしてもいい?

 

コンビニバイトでは残念ながら、ネイルはNGの店舗が多いです。ネイル禁止の主な理由ですが近年コンビニでは、店舗での簡易調理もあるケースが多いのも1つの理由みたいです。

 

 

そのため身だしなみに関しては、飲食店と変わらないくらい厳しいコンビニもあります。もちろん、中にはネイルOKなコンビニもありますので、ネイルをしているからといってコンビニバイトを完全に諦める必要はないですよ。

 

 

基本的にネイルがいいかダメかは店長次第ですので、どこまでOKなのかはお店で違いがあります。ローソンなら大丈夫とか、セブンならNGなどこのようなことは一切ありません。

 

 

なのでバイトをする環境などお店次第となります。詳しくは以下にまとめておりますので、ご参考に。

 

 

お店次第となっているのでネイル可能なコンビニでも、ジェルネイルと似たような長さだしも可能なスカルプチャーなどはNGのケースも多数あります。

 

 

ネイルOKでもあまり華美ではないアートやカラーまでという、条件付きの場合もあるので本格的にネイルを楽しみたい方にとっては、コンビニバイトは窮屈かもしれないですね。

 

 

また他にネイル以外で身だしなみ(髪型やピアス等)について気になるのであれば、以下にまとめてありますのでご覧ください。

 

コンビニバイトの髪色や髪型はどこまで許される?自由なお店はある?

 

コンビニバイトはピアスがダメって本当!?ピアスOKの職場はないの?

 

 

ネイル可能なコンビニバイトの探し方とは?

このようなバイトは複数の求人サイトを活用して探す方法がいいでしょう。求人サイトといえばタウンワークなどは有名ですが、実は女性に人気な求人サイトがバイトルなんです。

 

 

CMも結構放送されていますし知名度も最近は上がってきました。バイトルについてはこちらで解説していますので、興味がある方は一度お読みください。

 

 

 

 

ただバイトの求人サイトにもネイルOKと記載のあるコンビニは極稀にしかありません。地方であれば探すのは非常に難しいと思います。

 

 

そのため原始的かもしれませんがバイトを検討しているコンビニへ出向いて、実際にネイルしている女性スタッフの爪をチェックすることですね。

 

 

ただ求人サイトで「ネイルOK」など書かれていない場合でも、ある程度のネイルを許可してくれるコンビニだってあります。

 

 

また、最初はネイルを諦めていたけど、店長に話をすると「ネイル?別にいいよ」と言われた方もいます。

 

 

ですのでネイルOKの記載がないコンビニでも、このように認めてくれるケースもありますので、判断としてはなかなか難しいものがあります。

 

 

一度バイトをしてみて、相談をするというのがいいのかもしれませんが、ネイルが原因でバイトを辞める、というのはちょっと複雑な感じでもあります。

 

 

ですので面接の時に思い切ってネイルについて聞くのもいいかもしれません。

 

 

なぜコンビニでもネイルNGなお店が多いの?

 

上記でも少し触れたように、簡易調理が増えたことからネイルNGのコンビニが多いです。もしネイルの破片が飲食物に混入してしまい、それをお客様が購入後に発見したら大問題になりかねません。

 

 

営業停止どころか廃業に追い込まれてしまう場合もあります。また、お客様の購入した商品の袋詰めやレジ打ちでも長すぎる爪では作業しにくいですよね。

 

 

長い爪での作業に慣れているから大丈夫と思う方もいるかもしれませんが、お客様からの心象はあまりよくないのが正直なところです。

 

 

高齢のお客様やネイルに理解の無いお客様にとって、不衛生と感じさせてしまい不快な思いをさせてしまうかもしれません。

 

 

まとめ

今回は、コンビニバイトでのネイル事情について詳しくまとめてみました。ネイルを楽しみながらコンビニバイトをしたい方にとっては、少々がっかりな結果だったかもしれません。

 

 

しかし、身だしなみなどの規則を守ることも社会へ出る第一歩であったりルールでもあります。実際に見に行ってみて、自分にぴったりのコンビニを探してみてはいかがでしょうか。