コンビニバイトはどの時間帯も一緒?

コンビニでバイトをする際に、気になるのが時間帯ですよね。例えば時間帯で忙しい時間や楽な時間はあるのでしょうか?24時間営業だからこそ、それぞれの時間帯の客層や仕事内容に違いはあります。

 

 

また、休憩時間はどの時間帯に入ってもしっかりとることが出来るのでしょうか?教務内容も気になるポイントではありますが、忙しい時間帯や休憩時間も働く上で重要なポイントですよね。

 

 

今回はそんなコンビニバイトでの、忙しい時間帯や休憩時間などの時間面について詳しく紹介していきたいと思います。コンビニバイトを始めようと検討している方は、是非とも参考にしてみてください。

 

 

また時間帯以外で「きつい」「楽」と思うことについては、以下のリンクよりお調べすることも出来ますので、もしよろしければこちらもご覧ください。

 

 

 

コンビニで忙しい時間帯は立地で変わる

コンビニの忙しい時間帯に関しては、実はどこのコンビニも同じではないのです。コンビニという同じ業種、さらには同じ店名でも忙しい時間帯は立地によってかなり変わってきます。

 

 

ですのでココでは一括りで紹介するのではなく、ビジネス街や繁華街、郊外のコンビニ、さらには観光地付近のコンビニまで以下でカテゴリに分けて詳しく解説していきますね。

 

 

ビジネス街のコンビニ

 

 

ビジネス街のコンビニでは平日の朝と昼が客足のピークです。レジに長蛇の列ができるくらい、とにかく忙しいので辛いと思うこともあるかもしれません。

 

 

また、朝と昼に来店されるお客様は朝ごはんや昼ごはんを買い求める方がほとんどなので、ただレジを打つだけではなく弁当の温め作業や、ホットスナックの袋詰めも多々あります。

 

 

逆に暇な時間帯は、朝や昼の食事時以外と土日です。土日に関しては会社自体が休みのケースがほとんどなので、客足はかなり減ります。

 

 

オフィス街は観光名所なども少ない場合がほとんどなので、観光客も少ないですしスローな時間帯が数時間続くこともよくあります。

 

 

忙しい時間帯 暇な時間帯
8時〜9時、12〜13時 14時〜17時など
忙しい曜日 暇な曜日
月〜金曜日 土日祝

 

 

繁華街(歓楽街)のコンビニ

 

 

繁華街・歓楽街のコンビニに関しては、平日、土日ともに日中はゆったりとした時間が続きます。土日に関しては日中も若干客足が多い時間帯もありますが、ビジネス街と比較するとかなり少ないです。

 

 

しかし、夕方になると一気に忙しい時間が続きます。繁華街で働く従業員が出勤する夕方から、客足が多い夜から深夜までレジが行列になるというよりは、単発で何回もレジを打つことになると思います。

 

 

飲み屋でのお供や飲む前の準備として、タバコやウコンドリンク、エナジードリンクなどがよく売れます。また、深夜にもホットスナックを販売しているコンビニが繁華街には多いので、飲みの帰りに小腹が空いたお客様が買い求めるケースもあります。

 

 

そのため夜から深夜にかけては、通常のコンビニの忙しさと変わらないと思います。

 

 

忙しい時間帯 暇な時間帯
22時〜24時 14時〜18時など
忙しい曜日 暇な曜日
金〜土曜日 特になし

 

 

郊外のコンビニ

 

 

田舎や地方にあるコンビニに関しては、平日の朝と昼、土日の昼が忙しいです。平日の朝は、車通勤のビジネスマンやOLさんが近所のコンビニで朝ごはんや昼ごはんを購入して方出勤する傾向にあります。

 

 

そして、土日は近所に住むファミリーや単身問わず昼ごはんの購入に訪れる方が多いです。夜に関しては平日、土日問わず割とスローな時間が続きます。

 

 

忙しい時間帯 暇な時間帯
8時〜9時、12時〜14時 14時〜17時、深夜
忙しい曜日 暇な曜日
特になし 特になし

 

 

観光地付近のコンビニ

 

 

観光地や遊園地付近のコンビニでは、平日はスローでも土日は朝から夕方まで大変混み合います。但し近年は外国人観光客の増加に伴い、平日も忙しいケースもあります。

 

 

ホールやスタジアムなどで、コンサートがある場合はその前後の時間が混み合います。しかし、観光地は基本的に来客時間もバラバラなため、ピークという時間を掴みにくいのも特徴です。

 

 

弁当やホットスナック、ジュースなど満遍なく売れるのも観光地付近のコンビニの特徴です。

 

 

忙しい時間帯 暇な時間帯
土日の11時〜18時 深夜など
忙しい曜日 暇な曜日
土日祝 月〜金曜日

 

 

以上、立地による忙しい時間帯や暇な時間帯、曜日などをまとめてご紹介しましたが、全てこのように当てはまるという訳ではありませんのでご注意下さい。

 

 

基本的に暇な時間帯に関しては、上記で述べたピーク時以外の時間になります。コンビニは多数店舗もありますし、他店との差別化も難しいので基本的に忙しい時間と暇な時間は、外的要因で判断すると見えてきやすいと思います。

 

 

一番楽な時間帯はいつ?暇な時間帯は楽なの?

もしバイトをしているコンビニが人材豊富な状況ならば、楽な時間帯は平日の14時〜17時の間になる可能性が高いです。但し、この時間帯は時給も低くしているコンビニがあったりもします。

 

 

また、上で紹介した暇な時間帯であってもコンビニバイトは決して楽ではありません。暇な時間帯は、ピーク時に売れた商品の補充や廃棄作業などを行います。

 

 

ピーク時はレジ打ちに人員をとられてしまうので、事務作業やクリンネスにあたる人材を確保することができません。そのため客足が少ない時間には、溜まっている作業に力を入れて動きます。

 

 

接客自体が少なくなるだけで、作業的には多いので忙しいです。ですがバイト人数が多いお店では、暇な時間も結構あるので、もし楽なバイトを見つけたいのであれば、一度お店に行って忙しさなど状況を把握するといいでしょう。

 

 

また朝や深夜などの忙しさについてまとめていますので、こちらのページも併せてチェックしてみてください。

 

コンビニバイトで夜勤(深夜)の特徴まとめ!楽そうだけど実際どう?

 

コンビニバイトで早朝は楽か大変か実際どう?時給などいいのか?

 

 

コンビニバイトで休憩時間はどのくらいある?

 

休憩時間に関しては勤務時間はもちろんのこと、店舗によって取得方法や時間もさまざます。基本的には、5.6時間の勤務の場合は30分の休憩、フルタイムの8時間勤務の場合は9時間拘束で1時間の休憩がもらえます。

 

 

また、休憩時間のタイミングに関してですがコンビニによっては、Aさんは○時から○時、BさんはAさんのあとに休憩に入るなどと決められている店舗もあります。

 

 

しかし、あくまでも接客業でありピークなどを考慮して時間を決めていないコンビニも多々あります。このように客足が引いた時間帯に休憩に入るというコンビニも、意外を多数あるので頭に入れておきましょう。

 

 

また、筆者の働いていたコンビニでは3時間勤務の日でも、10分程度の休憩をもらえました。このようなプチブレイクに関しては、店長やオーナーによるので期待はしないようにしましょう。

 

 

忙しい時間帯はやっぱり仕事がキツイ?

忙しい時間帯は、やはり仕事がキツイのが本音です。筆者も実際にコンビニバイトをした経験がありますが忙しい時間で、特にキツイのがレジ打ちです。

 

 

レジに長蛇の列が出来ている際に、カゴいっぱいに商品を買い求める方も多いですし、家族全員の弁当をまとめ買いして5個全て温めるというお客様もいました。

 

 

もちろん嫌な顔をせずに対応しましたが、内心かなり焦っていました。もちろん、ピーク時に料金収納や宅急便を持ち込むお客様もいらっしゃいます。

 

 

そのような時にてこずっていると、レジにどんどん長蛇の列が…となり、私の経験上、レジに10人ぐらい並んでいたことがありました。その時はさすがにかなり焦りました。

 

 

やはり、忙しい時間帯のレジ打ちは本当に大変ですし臨機応変に動くことが必要ですよ。また、個人的な意見にはなりますが大変と思えば大変ですが、うまくまわせた時は楽しさもありますよ。

 

 

まとめ

 

今回はコンビニバイトでの時間の面についてまとめてみました。何かと気になる休憩や時間に関する面が、少しはクリアになりましたでしょうか?

 

 

もちろんどこのコンビニでもこの通りではありませんし、中には暇な時間帯に関してはひたすら会話しているというコンビニがあるのも実情です。

 

 

楽しくて楽なバイト先も、もちろんアリだと思いますが学生に関しては今後社会に出る時のことを考えて、あえて忙しい店舗でバイトするのもオススメですよ。

 

 

自分のニーズに合わせて、ぴったりのコンビニを見つけてみてくださいね。