ナイトワークのバイトが気になる方へ

バイトルという求人サイトを見ていると、ナイトワークというお仕事のジャンルがあります。このナイトワークという項目は、どのような求人で時給はどのくらいなのでしょうか?

 

 

またどんな仕事になるか全く理解できない…という人も多いでしょう。ナイトワークという言葉を聞くだけでは、「ナイト=夜、ワーク=働く」ってことは夜働くんだな!

 

 

ということはわかると思いますが詳細まではイマイチ分からないですよね。今回はナイトワークの詳細から、ナイトワークで働きたいと思った際の仕事の選び方まで詳しく解説していきますね。

 

 

ナイトワークのバイトってどんな仕事?

 

そもそもナイトワークって何?という感じの方が多いかと思いますが、バイトルで募集しているバイト求人は簡単に言うと、スナックやキャバクラが主なナイトワークとして表示されます。

 

 

スナックでは、カウンター越しにお客様(主に男性)のお酒の接待や会話等で楽しませる仕事になります。キャバクラもスナックと似てはいるのですが、カウンター越しではなくお客様と同じ席で接客をします。

 

 

他にも、スナックやキャバクラでも上記で述べたように接客ではなく裏方として調理補助や店長業務もあります。さらには、キャバクラやスナックで働く女性向けの、ヘアメイクの仕事もナイトワークとして欠かせないものとして存在しています。

 

 

ひとくくりにナイトワークといっても、さまざまな仕事があります。基本お酒を提供するバイトになりますが、意外と18歳以上からの求人が多いですね。

 

 

18歳だと法律的にお酒は飲めない年齢ですが、バイトをしている時にお酒が飲めなくても、接客だけをしていれば問題ない、という意味ですね。居酒屋で高校生がバイトできるのと同じような感じですね。

 

 

また基本的に風俗系のバイトなどは掲載されておりません。ちなみにバイトルの短期バイトなどにもナイトワーク系のバイトが掲載されており、勤務期間などは色々と選べるような感じのバイトが多いですね。

 

 

ナイトワークのバイトは女性だけ?

 

基本、ナイトワークのバイト募集は女性がメインのものが多いです。やはりスナックやキャバクラは、接客する女性がいなければ成り立たないものになるので仕方ないと思います。

 

 

しかし、女性メインの求人の募集内容の中にボーイや調理補助などの男性可の求人募集があるケースもあります。女性だけだと諦めずに、男性もナイトワークを探している場合は求人詳細までしっかりと目を通してみましょう。

 

 

ナイトワークの時給はやはり高い?

通常のバイトに比べてナイトワークは時給が圧倒的に高いです。通常は1000円前後の時給の求人が多いですが、ナイトワークでは1700円前後の時給が最低ラインで4000円程度の時給も数多くあります。

 

 

さらに時給に加えて、各種手当をいだくことができる店舗もあるので時給プラスアルファの金銭の期待もすることができます。ですので短期間で一気に稼ぐことも可能です。

 

 

また出勤日なども基本シフト自由っぽいような求人が多く、勤務時間帯も午後からということで働きやすさはありますが、時給がいい反面嫌なこともあります。

 

 

1日5時間で10日間バイトをして20万円稼ぐ、ということも夢ではありません。ただメリットだけではなくデメリットなどもあります。これについては下に書いてみましたので、もし興味があれば読んでみてください。

 

 

ちなみに時給で選ぶのなら、バイトルのドリームバイトというバイトもおすすめです。時給というよりか日給になりますが1日3万円以上稼ぐことができるバイトがあります。

 

 

バイトルのナイトワーク系バイトは求人が多い?

 

バイトルでは他の大手求人サイトと異なり、ナイトワークの求人も積極的に扱っています。検索時にナイトワークは外して検索をかけることもできるようにはなっていますが、求人量に関しては通常の求人まではいきませんが比較的充実している印象があります。

 

 

キャバクラなどの総合サイトから求人を探すこともできますが、稀にオススメ求人などで卑猥な求人が出てきてしまうケースもあります。

 

 

また、キャバクラなどのサイトばかり検索していると、関連広告や関連ワードとしてもあまり好ましくないものが繰り返し表示されてしまうリスクもあります。(もちろん検索履歴をクリアすることで解消されますが。)

 

 

スマートに探すのであれば、ナイトワークで多くの店舗をまとめて見ることができるバイトルがオススメですよ。多くの求人があることで、さまざまな店舗を時給面や雰囲気からも比較検討することができると思います。

 

 

ナイトワーク求人の多いエリアは?

やはりナイトワークのバイト求人が集中しているエリアは、通常のバイト求人と同様に人口の多い都心部や各都道府県の主要エリアに集中しています。

 

 

中でも繁華街があるエリアの求人がダントツで多いですね。田舎の方でも、もちろん求人はあるので諦める必要はありませんが、やはり選択肢は主要エリアに比べて少ないのが現状です。

 

 

しかし、田舎のスナックやキャバクラだからこそ慢性的な人手不足で求人を掲載しているお店もあるので、諦めずに定期的に求人をチェックするのがポイントです。

 

 

意外と田舎の方だって募集があったりするものです。ですので興味があれば探してみましょう。また少し遠くても高収入が期待できる職種ですので、ある程度時間をかけて通勤という方法もアリですね。

 

 

ナイトワークの仕事を探すコツとは?

バイトルでナイトワークの仕事を探すコツは、時給が高い順で並び替えて時給の高い店舗を探して、多くの金銭をいただくことも1つの手ではあります。

 

 

しかしこの方法は、あまりオススメできるものではありません。バイトルの求人は動画が見れること、そしてナイトワークでも写真が豊富な場合が多いです。

 

 

いくら時給が高くても、職場の雰囲気が微妙であれば苦痛でしかないですよね。特に笑顔でいなければいけない場面が多い職場ですので、苦痛ばかりでは笑顔でいることさえ難しく感じてしまいますよね。

 

 

またナイトワークは働く環境がしっかりしていないと、なかなか続けることが難しいとも言われています。そのため求人情報の写真、動画はしっかりと目を通しておきましょう。

 

 

時給が高いだけで、実際はノルマがあったりするような店舗もあります。ノルマなどで金銭を引かれてしまい手元にはあまり残らなかったなんてことがないように気をつけましょう。(近年はノルマありの求人は少なくなりつつあります)

 

 

もしくは、ノルマなし!という記載が堂々とされている求人を選ぶのもオススメですよ。またこのようなバイトをお求めならば、複数のバイト求人サイトを掛け持ちして探すのも一つの手段だと言えます。

 

 

複数の求人サイトを活用することによって、時給が高いナイトワークを見つける事だってできるかもしれませんし、お望みのエリアでバイトが出来るかもしれません。

 

 

ナイトワークのメリット・デメリット

 

ナイトワークの仕事のメリットとデメリットをまとめてみました。是非、ナイトワークを検討している方は参考にしてみてくださいね。

 

 

ナイトワークのメリット

時給が日中のバイトに比べて圧倒的に高い

 

これは明らかに違います。昼間のバイトなどは時給1000円など良い方だと思いますが、キャバクラなどナイトワークですと時給2000円、3000円なんて当たり前!ってなってきます。

 

 

ですので昼間は一般的なバイトをして、夜になるとナイトワークでバイト、というWワークをしている方もいるようです。

 

 

コミュニケーション能力が身につく

 

基本接客メインとなりがちなナイトワーク。あらゆるお客様が来店されるので、コミュニケーション能力はすぐに身につくことでしょう。最初は難しいと感じるかもしれませんが、慣れれば簡単ですね。

 

 

幅広い年齢層の客層が来店するので人脈が広がる

 

何かビジネスなどをしたいと思っている場合、来店されたお客さんの中には専門的な知識を持った方もいます。そのような方と仲良くなって人脈を広げ、ビジネスを成功させた、という人もいるようですね。

 

 

ナイトワークのデメリット

夜型のライフスタイルになる場合も

 

基本ナイトワークは夜のお仕事ですので、深夜にバイトが終了して帰宅すると深夜2時〜3時ってこともあります。ですので夜に強くないとなかなか厳しいバイトでもあります。

 

 

トラブルに遭遇するケースもある

 

お酒の席なので酔ったお客さんなどが絡んできたリ、また仕事が終わってから一緒に遊びに行こう、など誘われたり、など結構良く聞きます。この辺りは注意しておきたいですね。

 

 

下ネタやセクハラ発言がある場合も

 

男性の接客がメインとなりますので、このような発言があったりすることも。ただどちらかというとこのような発言は少なく、ナンパされる可能性の方が高いでしょう。

 

 

女性メインの職場環境

 

女性が多く働いている職場ですので、勤務先によってはドロドロしたような職場の場合もあります。これは実際に働いてみないと分からないですね。

 

 

このような感じが、主なナイトワークのメリットとデメリットになります。もちろん他にもメリットやデメリットはあると思いますし、人によって感じ方はさまざまだと思います。

 

 

やはり職場は女性従業員メインで客層は男性メインです。高時給な分やはり日中のバイトに比べて特殊な一面もあるのが、ナイトワークの特徴です。

 

 

まとめ

今回は、バイトルのナイトワークの求人に関して詳しくまとめてみました。バイトルに関わらずナイトワークのメリットやデメリットなども併せて紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

 

基本ナイトワークは女性の仕事が多く、その多くは高収入が期待できるようなバイトばかりです。貯金したいから、夢のためにお金を稼ぎたいからなどというように、さまざまな理由のある女性も多く活躍しています。

 

 

またバイトを掛け持ちすることだって可能。昼と夜と掛け持ちをしてバイトをしている人もいます。今回の記事を読んで気になった方は、バイトルでナイトワークの検索をしてみてくださいね。